© NARUSHiMA,inc. All Rights Reserved.

化粧箱、貼り箱、什器、POPの構造設計から納品まで一貫生産。お客様の『できる?』の声に万全の体制でお応えします。

株式会社ナルシマの品質管理について

アップデートを続ける秘伝のタレ

お客様の課題を解決し最適なソリューションでお応えするために、

当社が50年の歩みの中で得た知識と技術が品質管理に多く適用されています。

それらの取り組みは、Q(Quality:品質)、C(Cost:コスト)、D(Delivery:納期)、

S(Safety:安全)、M(Morale:モラル・士気)、E(Environmental:環境)に適用されており、

そのノウハウはまるで鰻屋の秘伝のタレの様にアップデートを重ね、

脈々とナルシマに受け継がれています。そして秘伝のタレは当社のとても大きな財産となりました。

この熟成された秘伝のタレは老舗の鰻屋の様に一子相伝ということはなく、

当社に勤める全ての従業員とアライアンスを結んだ企業とで共有し、時間を掛けて学び現場で実践しています。

品質管理の目標

品質マネジメントの視点からお客様のリクエストにお応えし満足して頂けるコスト、納期、品質を追求いたします。

・お客様の立場に立ってお客様の満足と安心を得られるサービスの提供を目指します。

・お客様からの意見を真摯に受け止め、品質改善を継続し続けます。

・最高水準の品質を目指し、新たな技術開発を継続し続けます。

・構造的原因の追究による本質的な品質改善を目指します。

・品質向上に貢献できる人材育成を継続いたします。

・クレームに対する再発防止と未然防止に徹します。

品質管理への取り組み

品質向上に向けた委員会の設置

・技術検証委員会

新たなる技術の開発と検証を行う委員会です。

・事故管理委員会

クレームを未然に防ぐため事案を元にアーカイブを作成し管理します。

・教育委員会

全従業員を対象にしたセミナー及び研修を行ないます。

・安全対策委員会

具体的な事案を議題に課題の見直しと改善を決定します。

品質向上に向けた人材育成

当社では「品質向上に向けた人材育成」を推進するための勉強会を行っています。

月に一度、全社員が一堂に会し、品質向上、技術向上に向けた課題や意識を共有し、

各々の役割において必要なスキルアップを目指しています。

アライアンスを結んだ企業との連携

アライアンスを結んだ各企業とお互いに課題を共有し人材教育や技術向上を図ります。

チェック表の共有や環境面での改善に生産管理部を介して意見交換を行ないます。